女性性交痛

女性の性交痛の原因と対処法を調べてみました。

女性の性交痛の対処法を調べるには性交痛の原因を調べる事が必要です。

 

性交痛の原因

 

まず男性からの前戯が十分なされなかった場合に性交痛が生じることが多いです。

 

前戯がおろそかだったため女性の膣の潤いが不足の状態で男性から拙速に挿入されると、無理して挿入されるため膣に痛みが起こる可能性があります。

 

炎症や感染症が原因の場合も考えなければなりません。

 

膣、外陰部の分泌腺の炎症や感染症でも痛みが生じることがあります。

 

知らないうちに感染症になっている場合もあります。

 

その場合は、婦人科の診察を受けることが必要です。

 

女性の体質によって性交痛になることがあります。

 

膣が狭い、外陰部や膣に損傷がある、恥骨・骨盤にズレがあるなど生まれつきの原因により性交痛になることがあります。

 

コンドームが女性の体質に合わなくて、性交痛になることも考えられます。

 

精神的なものが影響して性交痛が起こる場合もあります。

 

性交渉に対する嫌悪感や、相手の男性への愛が無い場合、妊娠したくないと言う感情などで、痛みを感じることも当然あります。

 

性交痛の対処法には、以下の事が重要です。

 

男性からの前戯に時間を掛けて、膣が潤いを帯びている状態でゆっくり挿入することが大事です。

 

またローションなどの潤滑液を使用するのも対処法です。

 

ローションの使用に当たっては、水性の潤滑液が適しています。

 

女性の膣が潤いにくい体質の場合には、医師の処方により潤いを生じさせる薬を服用するのも一つの方法です。

 

膣の奥の部分の痛みの場合は、性交の体位を変えてみるのも良いでしょう。

 

女性が挿入を受け入れやすい騎乗位などを試みるのも便法かもしれません。

 

女性の身体は微妙ですので、性交に対して男性は愛情を持って行い女性に嫌悪感を与えないことが大切です。

 

(長野県 さっちゃんさん)

 




ノーマル

お風呂用ローション

前立腺・アナル用ローション

業務用ローション

女性におすすめローション

注入器具・オプション

オナホ―ルローションおすすめ

マッサージオイル